COSMO DARTS CATALOG
7/84

1) 放電加工機による金型ワーク加工。水中で一秒間に1000~10万回の火花を断続的に飛ばし、金属の溶解・冷却・飛散を繰り返すことで、金属を彫り上げていく。 2) 精密部品製作に必要な高品質な素材。 3) ワークのアラ加工。 4) 平面研磨加工。平面を丸い円盤状の砥石で研削する。製品の精度に関わってくる大事な工程の一つ。123465

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です